ブランディング型NFTマーケットプレイス「memoria(メモリア)」リリース。エイベックスと業務提携(2022年2月8日)

#NFT #memoria #NFTマーケットプレイス #蒔田つぐみ #ニュース #newsify
株式会社メモリアは、コンテンツの世界観を崩さずにNFTを販売できるブランディング型NFTマーケットプレイス「memoria(メモリア)」をリリースしたと発表しました。

「memoria(メモリア)」は、コンテンツの世界観を崩さずにNFTを販売できる”ブランディング型”NFTマーケットプレイス。

企業が特定コンテンツのために立ち上げるNFT販売サイトの良さである”世界観の構築”や”ブランディング”を大切にできるメリットはそのままに、プラットフォームとしてのユーザー回遊性やグローバルへの販売機能までを備えたまったく新しいNFTマーケットプレイス。

コンテンツオリジナルの特設ページをオーダーメイドで作成してNFT販売を行うため、コンテンツホルダーやクリエイターは、まるで自分自身の専用サイトのようにNFTの販売を行うことが可能。

他のコンテンツと横並びにならずそのコンテンツの世界観を崩さずにNFTの販売ができるとのこと。

また、memoriaでNFTコンテンツを購入すると、そのコンテンツオリジナルの証明書を表示することが可能。ブロックチェーン上だけでなく、視覚的にもわかりやすくNFTの保有を表現することができるので、NFTを購入したユーザーがSNS等でより共有しやすい設計に。

ブロックチェーンには、Ethereum(イーサリアム)のセカンドレイヤー・ソリューションであるPolygonを採用。

また今回、エイベックス・ビジネス・ディベロップメントと業務提携し、ASMRボイスアーティスト。蒔田つぐみ(まいた)の「うごくASMR」コンテンツのNFTコレクションの販売を開始。

同社は、今後は、OpenSeaでの出品も可能となるよう開発をしていくとしています。

memoria(メモリア)
https://www.memoria-nft.com/

蒔田つぐみ
https://www.youtube.com/channel/UCfzn3OvxW48R7v2yFmKZ9Gw

ナレーション 岡林佳子

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる